愛媛県歴史文化博物館 学芸員ブログ『研究室から』
資料・調査・おすすめ情報などを紹介。

Main
<< 「世界とつながる別子銅山」展について 今治市相の谷1号墳の出土遺物(1)40年前の発掘調査 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.26 Friday,
| スポンサードリンク | - | - | - |
展示予告「異界・妖怪大博覧会」14―白沢図―

※白沢避怪図(香川大学附属図書館蔵・神原文庫)

白沢(はくたく)は、顔には3つの目、両わき腹にも3つの目があり、合計9つの目を持っています。また、角も全部で6本ある中国の聖獣です。白沢を描いた図を持って旅をすると安全で、枕に忍ばせると悪夢を見ないとも言われ、妖怪というより霊獣といえます。

徳のある政治者の時に出現し、病魔を防ぐ力があると信じられていました。中国の神話の帝王である黄帝(こうてい)も白沢に出会い、白沢は1万種類もの鬼神や怪異について語り教えたといいます。

日本では、江戸時代にコレラなど流行病の時などに白沢の絵が売りに出され、人々はこれを身につけました。愛媛でも、西予市城川町の龍澤寺の山門(江戸時代建立)の格子天井絵にも白沢が描かれているなど、白沢に関する資料が残っています。


※『旅行用心集』(当館所蔵)に記された「白沢」
文化7(1810)年に、八隅蘆庵(やすみろあん)が旅に出る際の心得をまとめたもの。白沢図を持てば災難を免れると紹介されている。



※藩札(愛媛銀行蔵・当館保管)に描かれた「白沢」
江戸時代、宇和島藩内で流通した藩札(紙幣)の下側に、怪異を防ぐという「白沢」が描かれている。


2007.06.24 Sunday,16:01
| tomoto | 特別展おすすめ情報 | - | - |
スポンサーサイト
2012.10.26 Friday,16:01
| スポンサードリンク | - | - | - |