愛媛県歴史文化博物館 学芸員ブログ『研究室から』
資料・調査・おすすめ情報などを紹介。

Main
<< 歴史展示室1の展示替え 村上節太郎写真30 今治の常磐町商店街 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.26 Friday,
| スポンサードリンク | - | - | - |
村上節太郎写真29 今治城の牡蠣の養殖
 

今治城の牡蠣の養殖 今治市 昭和11年

 何の変哲もない城跡の石垣の写真。名所旧跡として今治城を撮影した写真に見える。しかし、村上節太郎が書き残したメモには、「城の堀を利用したカキの養殖」と記されている。確かによく見ると、堀の中に養殖のための竹ヒビが林立している様子がうかがえる。
 地元で聞くと、今治城の堀は明治時代に入り、旧今治藩士がつくった組合により管理され、牡蠣の養殖場として貸し出されていたことがわかった。今治城の堀は海水を導入しており、潮の干満による水位を調整する水門もついていたため、牡蠣の養殖に適していたのだろう。村上の地理学者としてのセンスがうかがえる一枚である。
 今治城は軟弱な地盤を補うため、今治城の本丸、二之丸の石垣の下には犬走りがまわり、松が植えられていた。昭和11年の写真には多くの松が見えるが、現在はこれらの松は失われている。

2010.03.21 Sunday,14:07
| rekihaku | 館蔵資料紹介 | - | - |
スポンサーサイト
2012.10.26 Friday,14:07
| スポンサードリンク | - | - | - |