愛媛県歴史文化博物館 学芸員ブログ『研究室から』
資料・調査・おすすめ情報などを紹介。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.26 Friday,
| スポンサードリンク | - | - | - |
高機(たかばた)を組み立てる
 愛媛県歴史文化博物館の秋の特別展、「佐田岬半島と西日本の裂織」展では、会期中、佐田岬裂織り保存会のご協力により、裂織りの製作実演も行われます。


 先日は、佐田岬裂織り保存会のメンバーの方が、実演用の高織(たかばた)を持ってきてくださいました。


「大きな高織がトラックに乗ってくるのかな〜」


とのんきに構えていたのですが、各部品に解体されてコンパクトに運ばれてきました。


 企画展示室に運び込まれ、メンバーの方が手早く組み立てていかれます。




足下の踏木(ふみぎ)の部分です。

少し角度を調整すると、すーっと部品が入っていきます。




組みあがりましたら、次はタテ糸です。

これはタテ糸が巻かれた千切(ちきり)という部分です。




筬(おさ)をはめたところです。

 高機を組み立てた後、タテ糸の張りなどを丁寧に調整します。

 そして当館職員も裂織りの織り方を教えていただきました。





はじめはおそるおそるでぎこちなかった手つきも、段々慣れてくるから面白いものです。あわせて、部品の役割や意味なども教えていただくことができました。

 この高機は期間中いつでもご覧いただくことができますが、11月には保存会のメンバーの方による裂織りの製作実演もございます。

  日時 11月24日(土)・25日(日)

     10:00〜12:00 13:00〜16:30

     佐田岬裂織り保存会による製作実演

*企画展観覧券が必要です

 

実際に製作されている方ならではの貴重なお話しもうかがうことができるかもしれません。 「織り」の仕組みを体感していただく貴重な機会ですので、ぜひご来館ください。



 また、今回の特別展は、関連講座も充実しております。


 まずは開幕してすぐ、展示担当学芸員による「佐田岬半島と西日本の裂織」をテーマにした講座がございます。


  日時 10月8日(月・祝) 13:30〜15:00


     今村 賢司(当館学芸員)「佐田岬半島と西日本の裂織」



  また、京都府立丹後郷土資料館で資料課長をつとめられ、裂き織りの研究者である井之本泰氏による講座も控えております。


 日時 10月21日(日) 13:30〜15:00


    井之本 泰氏(元京都府立丹後郷土資料館資料課長)


    「木綿再生−丹後の裂き織り−」



 特別展とあわせて、参加頂ければと思います。




2012.10.05 Friday,15:57
| rekihaku | 特別展おすすめ情報 | - | - |
裂織りクラブ作品展

段々と涼しい風が吹き始め、秋の気配が漂う日々です。


愛媛県歴史文化博物館の秋の特別展「佐田岬半島と西日本の裂織」展も、10月6日の開幕を控えて、急ピッチで作業を行っています。


布はタテ糸とヨコ糸を組み合わせて織り上げるものですが、裂織はヨコ糸に裂いた古い布を使用する技法です。裂織で織られた仕事着や着物は、使用地では「ツヅレ」や「オリコ」などと呼ばれています。


その裂織をテーマにした今回の展示では、関連イベントとして、友の会裂織りクラブの作品展をエントランスで開催いたします。


友の会では会員さんによるクラブ活動が行われており、裂織りクラブもその中の一つです。織機を前にし、針を片手に、おしゃべりをしながら、裂織を楽しんでおられます。


今日は月に2回の活動日でしたので、会員さんと相談しながら作品を展示していきました。手提げ袋にタペストリー、めがねケースにクッションカバー、袖なし半天の大作まで彩りあざやかな展示です。


「今の生活に使える裂織りがいいのよ」とおっしゃっていた言葉が印象的でした。



現在では、仕事着などの裂織の衣服を目にすることは少なくなりました。けれど、裂織クラブのように、裂織を生み出した先人に思いを馳せつつ、「今」の裂織の創作を楽しむ愛好家の方も増えています。


秋の特別展「佐田岬半島と西日本の裂織」展では、人々の生活を支えてきた日本各地の裂織を紹介しております。軽やかで現代的な裂織クラブの作品とあわせて見ていただくことで、裂織の奥深さを感じていただけることと思います。


特別展より一足お先に開幕しました「裂織りクラブ作品展」は、当館エントランス、総合案内横で、無料でご覧いただけます。



 

2012.10.03 Wednesday,15:52
| rekihaku | 特別展おすすめ情報 | - | - |
宇和島運転区見学会

 8月25日(土)、現在開催中の特別展「GO GO TRAIN!」の関連講座として、四国旅客株式会社の協力を得て、「宇和島運転区見学会」を行ないました。子供から大人まで21名が参加しました。四国旅客鉄道株式会社には、4つの運転所と2つの運転区がありますが、宇和島運転区はそのうちの1つで、運転士や車掌が所属しています。今回の見学会では、近代化遺産である転車台と車庫を見学しました。


 転車台は、列車の向きを変える装置です。現在では列車の前後に運転台がついていますが、蒸気機関車の時代は前向きに運転台がついていたため、終点の駅で回転させる必要がありました。予土線では宇和島駅以外に転車台のある駅がなかったため、下りは蒸気機関車が後ろ向きで客車を引いていたそうです。キハ32に乗車し、回転を体験しました。また、倉庫の見学では、レールでできた柱などに、歴史を感じました。現在、宇和島市の和霊公園に展示されているC12もここに駐機していたそうです。普段はなかなか見ることのできない場所を体験・見学させていただき、多くの参加者が鉄道への興味・関心を一層高めていただいたようでした。


 特別展「GO GO TRAIN!」は、9月2日(日)までです。ぜひ、この機会にご来館下さい。




転車台に載ったキハ32





キハ32の回転をながめる子ども






転車台の装置を動かす子ども




車庫を見学する参加者



 

2012.08.26 Sunday,09:07
| hirai | 特別展おすすめ情報 | - | - |
1万人突破!

現在開催中の特別展「GO GO TRAIN!」の入館者が1万人を突破しました。御来館ありがとうございます。お盆は過ぎましたが、展示室の体験コーナーはまだまだ子どもたちに好評です。特に実際にハンドルを回して線路を走る「てトロ」や模型の列車が24平方メートルを走り回る「トレインワールド」は大人気です。26日(日)には当館のエントランスホールで「ミニSL乗車会」が開催されます。(対象4〜12歳、小学生以上は共通観覧券または特別展観覧券必要、11:00〜12:00  14:00〜15:00)


 また、伊予鉄道1号機関車を1/10で復元した模型、明治5年に新橋〜横浜間が開通した際に使用されたレールの文鎮、昭和47年に特急列車が四国に誕生した際の記念入場券、宇和島鉄道の試運転写真の絵馬、宇和島鉄道延長に関する設計図、懐かしい鉄道写真の数々など、鉄道ファンも必見です。本展の開催は9月2日(日)までです。ぜひこの機会をお見逃しなく。皆様の御来館をお待ちしています。




伊予鉄道1号機関車模型を見る子ども





記念入場券を見る子ども





「てトロ」に乗る子ども

2012.08.21 Tuesday,14:35
| hirai | 特別展おすすめ情報 | - | - |
ミニSL乗車会

8月12日(日)、お盆休みでたくさんの来館者でにぎわう中、松浦健氏によるミニSLの乗車会が行われました。長いエントランスホールを、子どもたちを乗せてミニSLが走りました。夏休みのいい思い出になったのではないでしょうか。


 

ミニSL乗車会は特別展「GO GO TRAIN !」の会期中、下記のとおり行いますので、たくさんのご参加お待ちしています。


日時:8月19日(日)、26日(日)
   11:00〜12:00
   14:00〜15:00
場所:エントランスホール
対象:幼稚園〜小学生(4歳〜12歳)
   小学生は特別展の観覧券が必要です。
   何度でもご乗車できますが、その都度最後尾にお並びください。

2012.08.16 Thursday,14:31
| inojun | 特別展おすすめ情報 | - | - |
鉄道模型運転会

 特別展「GO GO TRAIN!」の関連イベントの1つとして、「鉄道模型運転会」が博物館のエントランスホールで行われました。伊予鉄道株式会社鉄道クラブの皆さんによって、Nゲージ(線路幅9mm模型)を走行させました。 


 300形新幹線、500形新幹線などのほか、2000形しおかぜ、8000形しおかぜ等、愛媛に関係のある列車が勢揃い。伊予鉄株式会社創業125年にあわせ「おかげさまで125」と塗装された伊予鉄電車の模型もお目見えしました。実際に伊予鉄電車を運転したり、車掌をしたりしている方々が操作するので、電車の発車や、停車もスムーズ。子どもたちだけでなく、大人の方も見入っていました。


 このイベントは今月15日(水)まで。時間は10:00〜17:00です。料金は不要です。ぜひ、博物館にお越し下さい。




2012.08.13 Monday,14:28
| hirai | 特別展おすすめ情報 | - | - |
特別展「GO GO TRAIN!」、開幕しました

特別展「GO GO TRAIN!」が、本日オープンしました。


今回の展示では、貴重な実物資料や映像・写真により、愛媛の鉄道史の歩みを振り返ります。
伊予鉄道1号機関車模型、かつて存在した県内各地の私鉄切符、宇和島鉄道の写真絵馬、珍しい鉄道写真の数々など、いずれもなかなか見られない資料です。







ご家族連れの方へのおすすめは、体験コーナー。
7月10日付記事でも紹介した「エコ鉄道「てトロ」」は、線路幅が5インチ(軌間127mm)のレール上を人の手の力で走るトロッコ、人力鉄道車両です。
1回約50mのプチ鉄道運転をお楽しみいただけます。


「トレインワールド」は、3m×8mの大空間に組まれたセットの中を、鉄道おもちゃが縦横に駆け巡ります。



また、会期中は多くの関連講座や現地学習も実施します。


スタッフ一同、皆様のご来館を心よりお待ちしています。

2012.07.14 Saturday,12:57
| doiaki | 特別展おすすめ情報 | - | - |
展示室が鉄道一色に

連日、特別展「GO GO TRAIN !」の展示作業が進んでいます。今日は展示室という大きなキャンパスに彩りを与える作業。




展示室入り口の看板もできあがりました。夏らしい水玉模様で、皆様をお出迎えします。





真ん中の映像ブースなどを取り囲む壁には、巨大な鉄道写真が貼られていきます。キハ32一般形気動車。現在もJR四国で活躍中。





壁紙に貼る鉄道イラスト(坊っちゃん列車)の位置決めをしています。展示室の数カ所には伊予鉄道の懐かしい車両のイラストが隠れています。探してみてくださいね。

特別展「GO GO TRAIN !」の開幕は、7月14日(土)。急ピッチでの作業が続きます。

2012.07.11 Wednesday,14:00
| inojun | 特別展おすすめ情報 | - | - |
てトロが組み上がりました
 


いよいよ夏の特別展「GO GO TRAIN !」の開幕も近づいてきました。現在は、展示室の設営中。今回の壁紙の色はイエロー。黄色い空間ができあがっていきます。





展示室内に「てトロ」の線路もできあがりました。「てトロ」って、不思議な名前。実は「手でハンドルをまわして走るトロッコ」だから、略して「てトロ」。線路幅5インチ(127mm)のレールの上を人力で走ります。





2012.07.10 Tuesday,16:07
| inojun | 特別展おすすめ情報 | - | - |
リカちゃんの想い出5

特別展「リカちゃん−夢とあこがれの45年−」は閉幕しました。会期中、たくさんの来館者をお迎えして、みんなでリカちゃんのパッピーバースデーをお祝いすることができました。リカちゃんの想い出のコーナーにもたくさん投書いただき、ありがとうございました。会期終盤に寄せられた分を最後にまとめて紹介します。




●とてもなつかしく見せて頂きました。小さい頃、父がリカちゃんの家を作ってくれました。私は売っているのが良かったのですが…。今でも残っていて、娘が遊んでいます。今となってはいい思い出です。(38才主婦、娘1才、名前はリカちゃんです❤)


●小学生の時に買ってもらい、友達と紙でできた家で一緒に遊んだ事を思い出します。又、弟も小さかったので一緒にリカちゃん人形で遊びました。リカちゃんの髪を切ったり、ストーブで髪をチリチリにした事があります。大人になって人形を買って(自分で)又、かわいくて大切に部屋にかざっています。昔のリカちゃんは親に言うと足などをかんでボロボロにしたと言われました。その頃のリカちゃんがないのが残念でした。


●娘がリカちゃんに興味をもちはじめたのでつれてきました。たくさんのリカちゃんがありましたが、童話シリーズが気に入ったみたいでずっとはなれませんでした。また機会があれば見にきたいと思いました。


●幼少期にリカちゃん人形を持っていなかったので、今日はうれしかったです。娘達も楽しめた様です。





●2代目リカちゃんの時代によく遊んでいました。ふたごの赤ちゃんがほしかったのに、買ってもらえなかったことを思い出しました。当時もっていたリカちゃんの学校がなかったのがちょっと残念でした。


●長女が幼い頃、リカちゃん人形を買って来て与えました。よろこんで遊んでいたのがついこの間の様に思われます。


●私は小さい頃にリカちゃん人形を3つもってた事がありました。でも、自分で服作るのはものすごく難しいと思いました。これを見て、私の知らないものに出会えてよかったと思います。次は人気のアーティストやキャラクターのコスプレバージョンのリカちゃんをやってもらえるとおもしろいなと思います。


●昔のリカちゃんから、今のリカちゃんがあって、とてもかわいかったです!


●リカちゃんと、お人形で、パーティーごっこや、べんきょうごっとをしました。


●リカちゃんへ。おそくなったけどおたんじょうびおめでとう。だいすき。


●今自分の部屋に家族合わせて10人くらいリカちゃんシリーズがいる11才です。

●すごくたのしかったです。メークとかもつけていたので、たのしかったです。またいきたいです。




●初代リカちゃんから見れてよかったです。どれもかわいかったです。


●リカちゃんはすごくなつかしくてかわいかった。男の子もたくさんいてすごくビックリです!!しょうくんがかっこよかった(笑)


●リカちゃんおたん生日おめでとう!私はこれで2かい目です❤何度見てもかわいいです。ぬりえも遊びコーナーもとても楽しかったです。


●ふくをみて、すごくかわいかった。顔が昔と今のがちがうからおもしろーい。かわいかった。


●リカちゃん人形とクレープやさんもってました!やっぱりリカちゃんはいつまでもみんなのアイドルです。


●子供の頃忘れていたリカちゃん人形家など色々もっていた物を思い出しました。すごく楽しかったです。


●とてもなつかしく見ていきました。何代にわたって変化をつけて、いろいろ楽しく遊ぶことができるよう工夫されているので、これからも楽しみです。服、くつ、髪かざetc、アイデア出しあって、ステキなリカちゃん作って下さい。


●たのしかったし、かわいかった。またきてね❤


●幼稚園頃、大切にあそんで、一緒にねたり、おふろ入ったり、いろいろ思い出いっぱい❤やっぱり26さいの自分でも好き。





●お姉ちゃんのお古で欠品が多かったリカちゃん。展示で完ペキにそろってるのを初めてみることができました!!3代目リカちゃん時代でした。


●リカちゃんは私の小さい頃のあこがれでした。周りの友だちがリカちゃんセットをもっているのを見て、とてもうらやましかったのを覚えています。今我が子がリカちゃん人形に興味をもって(小さい頃よりかはあまり遊ばなくなりましたが)きて、今日の展示をみて自分の小さい頃と重ねてとてもなつかしい気もちになりました。当時の実母の私に対する気もちもわかるような気がします。久々に童心に返る事ができました。ありがとー!歴博❤


●私が子供のこと、両親は共働きでいつも遊んではくれず、リカちゃんと実妹とよくあそんでいました。自分が結婚して、子供を産んでみて、育児の大変さ生活することの大変さを知り、リカちゃんを通して、いろいろなつかしく思うことがあります。


●すごくなつかしくて、心がホッとなりました❤小さい頃、いつもリカちゃんと一緒にねていんたのを思い出しました。ありがとう!!




リカちゃん展の撤去が始まりました。たくさん並んでいたリカちゃんがいなくなって、からっぽなケースを見ていたら、なんだか喪失感が…。でも博物館は、いつでも終わりが始まり。6月19(火)、20(水)のくん蒸による臨時休館後には、夏の特別展「GO GO TRAIN!」の設営作業が始まります。夏休みもぜひレキハクの展示・イベントをお楽しみください。

2012.06.13 Wednesday,09:13
| inojun | 特別展おすすめ情報 | - | - |